マイニングで得た報酬の税金は?計算・申告方法について解説

税金

仮想通貨のマイニングで得た報酬は税制上の「所得」とみなされるため、所得税の対象となります。
ここではマイニング報酬の税金について控除や申告について詳しく解説していきます。
これからマイニングを始める方はもちろん、すでにマイニングを行っている方も「マイニングの税金って実はよくわかっていない」という方は是非参考にしていただければと思います。

マイニング報酬は基本的に「雑所得」で申告が必要

仮想通貨に関する税金についてはマイニングでも取引による利益でも、どちらにしても基本的に所得税の中でも「雑所得」という項目として申告が必要になります。
事業として継続的に行っているということが認められれば「事業所得」としての申告も不可能ではありませんが、個人が本業とは別に行っている場合は事業所得として申告しても認められることは少なく、雑所得としての申告となる前提で説明をしていきます。

なお雑所得は総合課税として給与所得などの他の収入との合計額で税率が決まります。
簡単に言うと、例えば本業での所得が500万円ありマイニングでの所得が100万円ある場合はあわせて600万円をその年の所得として税率が決まることになります。

つまり、所得によってマイニング報酬にかかる税率も変わるため、マイニング以外の収入の額が大きい人ほどマイニングにかかる税率も高くなるため税制的には不利になります。 参考までに、所得税の速算表はこちらとなります。

課税される所得金額税率控除額
1,000円 から 1,949,000円まで5%0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで10%97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで20%427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで23%636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで33%1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで40%2,796,000円
40,000,000円 以上45%4,796,000円
参考:国税局所得税速算表

マイニングにかかった経費は控除が可能

マイニングでの報酬を申告する際はあくまでも「所得」としての申告となるので、報酬額そのままではなく、そのためにかかった費用を控除することが可能です。
マイニングにかかる主な費用としては

・マイニングPC制作費
・電気代
・換金、出金手数料

等が挙げられます。
なお、マイニング機器は「パソコン」に分類できるため4年間の分割で減価償却する必要があります。※20万円未満の場合は3年で分割償却
例えばマイニング機器に40万円投資していたとすると10万円ずつの定額法にて4年間費用として計上することが出来ます。

マイニング報酬額は発生時点の価格で決定

厳密にはマイニングで得た報酬は発生した時点での価格で額を決定しなければなりません。(この算出方法を「移動平均法」といいます)
しかし、マイニングは常に新たな報酬が少額ずつ発生しているので完全に正確にその時の価格で所得を計算することは現実的に難しいため、代替的には1週間や1ヶ月などで定期的に日本円に換算したものを所得として計上すれば問題ありません。(この算出方法は「総平均法」といいます)
国税庁としても基本的には正確な価格を算出する「移動平均法」を推奨しながらも、現実的に難しいことを考慮し仮想通貨取引を継続的に行う場合は「総平均法」でもよいとしています。
ただし、報酬を仮想通貨のままで保有している場合はその後に仮想通貨の価格が下がったとしても所得は報酬発生時のものになるのでマイニング報酬を仮想通貨のままで保有し続けることはリスクの高い行為と言えます。
※マイニングしたときの所得金額と売却したときの差額を損益として別途申告することもできますが、ややこしくなるので基本的にはマイニング報酬は出来るだけリアルタイムで換金して税制上の報酬額を確定させる運用をオススメします。

20万円以下は申告不要?

「雑所得は20万円以下の場合は申告が不要」という話を聞いたことがある人も多いかもしれません。
税務署の負担もあるので、年末調整で申告している給与所得者は少額(20万円以下)の雑所得が申告不要と定められているのは確かに事実です。※報酬額ではなく、経費を控除した後の「所得金額」が20万円未満の場合なので報酬額として20万円を超えている場合でも申告不要の場合が多いです。
しかし、確定申告をする場合は20万円以下であっても雑所得がある場合は合わせて申告が必要です。また、申告不要なのはあくまでも「所得税」であって「住民税」の申告は必要となります。

具体的なマイニングの税金計算例

例えば、1年を通して下記のようなマイニングを行った場合の税金を計算してみます。

初期投資(マイニング機器):40万円
電気代:12万円/年間
マイニング報酬:50万円/年間

所得=50万円(収入)-(40万円÷4年)-12万円(費用)=28万円(所得)

マイニングで得た報酬は50万円でも、申告する所得は28万円となることが分かります。

確定申告時に焦らないように普段から記録を

申告が明らかに不要な少額の場合は別ですが、確定申告が必要になりそうな場合は申告時に慌てて費用や過去の報酬を計算するのは大変です。
マイニングの収益性をしっかりと保存する意味でも、投資額(マイニング機器の費用)や電気代がいくらくらいかかっているのか、毎月の報酬額くらいは管理しておくと良いでしょう。

なお、このサイトでも運営者のマイニング報酬を公開していますので報酬額の記録のために是非そちらも参考にしていただければと思います。