【初心者必見】そもそも仮想通貨のマイニングとは?

マイニングとは

仮想通貨への注目度が高まる中、それが生まれる「マイニング」の世界に注目しているという方も多いかもしれません。 
ここでは「そもそもマイニングとは?」「自分でもマイニングって出来るものなの?」というマイニング初心者の方のために、仮想通貨のマイニングとは一体何なのか?どのようにすれば自分でも出来るのかについて詳しく解説していきたいと思います。 

そもそも仮想通貨を掘る「マイニング」とは?

ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨は手軽に取引が出来ることから分かるように、かなりの量が市場に流通しています。その一方で日々「新しく発行されている」ということは意外と知られていないかもしれません。この「新しく発行された仮想通貨」は誰が所有するのかというと、マイニングを行った「マイナー」が得るという仕組みになっているのです。 

ではマイナーはどのような作業の報酬として仮想通貨を得ているのでしょうか? 

簡単にいうとそれは「複雑な計算問題を解く」という作業です。なぜ複雑な計算を行うことと仮想通貨が関係あるのかというと、仮想通貨は不正防止のためにその取引記録が「ブロックチェーン」という技術によって連続した一つの台帳によって管理されているのですが、その台帳の更新にあたって発生する複雑な計算を誰かが行わなければならないためです。 

例えば今、どこかで新たな取引が発生し台帳の更新が発生したとします。この取引とその直前の取引の関係性がある一つの値によって与えられているとイメージしていただければと思います。その値を当てるための計算が世界各地のマイナーによって行われ、最初に正解を導いたマイナーに、報酬として新たな仮想通貨が与えられるということになります。 

正確には計算というよりも、超高速で値を片っ端から当てはめていって最初に正解を当てはめたマイナーが報酬を得るといったものなのですが、それをマイニングの世界では「計算」と呼んでいます。そしてこの計算というのはすべてコンピュータによって行われ、技術的には私たちが持っているパソコンでも出来てしまうような意外と身近なものでもあるのです。 

この発生と計算と報酬が仮想通貨の世界では常に続いているということです。 

マイニングは無限に続くのか?

ではこのマイニングは永遠に続いていくものなのでしょうか? 

答えは「通貨による」といったところでしょうか。 

ここまでは「仮想通貨」とひとくくりにして説明していましたが、実際にはその発生の仕組みは主要な仮想通貨であるビットコインとイーサリアムだけで見ても少し異なります。 

例えばビットコインはその発行量が2140年までに2100万BTCとあらかじめ決められておりそれ以上増えることはありません。 

したがってビットコインのマイニングは2140年までには終了することが予想されているのです。(取引によって前後する可能性があります) 

一方でイーサリアムはそのような発行上限は定められていないため、仕組み上は半永久的に発行が続く可能性があります。しかしマイニングはあくまでも取引による台帳の更新があり、それを計算するマイナーがいて初めて成り立つので、仮に仮想通貨自体が取引されなくなったり価値がなくなったりすればマイニングという行為自体もなくなる可能性はあるということになります。 

通貨を問わずに言えば、何らかの仮想通貨が価値を持ち続ける限りはマイニングも続いていくというのが答えになるかもしれません。 

誰がマイニングしているの?

「マイナー」というと顔も見えず不気味な印象を抱くかもしれませんが、今ではこのマイニングというのはひとつのビジネスとして多くの企業が事業として行っています。 

マイニングだけを事業とするマイニング企業も現れており、広大な設備を投資してマイニングによる仮想通貨で利益を上げている企業は多いのです。 

もちろん個人でマイニングを行っている人も無数におり、その規模も大小さまざまです。自分の持っているパソコンやパーツを生かしてマイニングをする人もいれば、マイニング用に投資をして設備をそろえ、専用のPCを組み立ててマイニングをする人もいて様々です。 

いずれにしてもかなり一般的になってきたことは確かで、意外と周りの人たちにも聞いてみると「マイニングやってるよ」という人も多いかもしれません。 

フリーソフトで誰でも気軽にできる

それだけ気軽にマイニングが出来るようになったのは、一般人には手に入らないような機器が必要ということもなく、また「Nicehash(ナイスハッシュ)」などの専用のフリーソフトも普及しているために誰でもやろうと思えばマイニングを始められる環境が整っているからです。 
(「Nicehash」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。)

実際には一般的なPCでマイニングをやろうとするとそれに特化された設備に比べると計算能力が圧倒的に低いため大きな報酬を得ることは出来ないのですが、それでも報酬の大小に問わず「マイニングに参加する」ということ自体は間違いなくハードルの低いことと言えます。 

一般人がマイニングしているのはほとんど「イーサリアム」 

一般の人がマイニングをしている場合、意外とそれはビットコインではなく「イーサリアム」であることがほとんどです。 

というのも、先述の「Nicehash(ナイスハッシュ)」というフリーソフトを使ってマイニングを行うことが一般的なのですが、この「Nicehash(ナイスハッシュ)」ではイーサリアムをマイニングして、それをビットコインに交換して報酬として返ってくるという仕組みが基準になっているからです。 

ソフトを使えば難しい設定もなくマイニングが出来て、結果としてはビットコインが得られるためにビットコインをマイニングしているつもりで利用している人も多いかもしれませんが、実情としては一般人が一般的なソフトを使ってマイニングをする場合はイーサリアムのマイニングとなることは知っておくとよいかと思います。 

マイニングは新しい「資産運用」になるかもしれない 

個人的には、マイニングは今後個人にとって新しい「資産運用」の形になっていく可能性があるのではないかと考えています。 

最初に設備として大きな投資をして、それをマイニングによって回収していきやがて利益に転じるという構造が投資そのものですし、自分自身でマイニングを1年間運用して実際に投資額を回収できたという事実(こちらの記事で詳しく解説)もあるので、現段階では資産運用として非常にパフォーマンスの良い方法だと思っています。

もちろん今後の仮想通貨の価格変動やマイニングに参加する人数によって効率は良くも悪くも変化する可能性が高いですが、マイニングという手法が意外と簡単に出来るという事実が広まれば自然と参加者も増えてくるでしょう。

「マイニングとは資産運用の一つである」と認識される時代が来るかもしれません。